おすすめ記事
一戸建てを共有不動産にするのが難しい理由を解説

一戸建てを共有不動産にするのが難しい理由を解説

課税や修繕費等が発生し続けることになります

相続等の問題において、兄弟で一件の一戸建てを共有不動産にすることがあるかもしれませんが、一般的には一件の一戸建てを共有不動産にする事は非常に難しいと言えるでしょう。
それには様々な理由がありますが、共有者の1人がそこに住みたいと言うのであれば、その共有者に全ての権限を委ねるのが1番です。
だれも住む予定がないと言うのであれば、全員の同意を得た上で売却するのが1番の方法と言えるでしょう。
なぜ一戸建てを共有不動産にするのが難しいのかと言うと、その1つに課税や修繕費が発生し続けることが挙げられます。
どのような不動産であれ、住んでいなくても所有しているだけで、固定資産税や都市計画税などの様々な税金が発生します。
また誰も住んでいなくてもどんどん建物は劣化していくため、修繕費用も発生することになります。
共有持ち分の不動産を相続したり贈与するには、相続税や贈与税等の負担を負う可能性も大いに考えられるのです。
これらの支払いが難しく、売却したいと思っても、簡単に売却することが困難であるため十分な注意が必要です。

年数が経つにつれどんどん共有者が増え続ける


一戸建てを共有不動産にするのが難しい理由は他にもありますが、その一つが共有者が増え続けてしまうことです。
共有持ち分の状態をそのままにしておけば、子の世代、そして孫の世代とどんどん相続が繰り返されていきます。
これでは共有者がどんどん増えていくことにもなるでしょう。
多くなれば多くなるほど、売却しようと思った場合には、全員の同意を得るのがかなり難しくなります。
中には会った事もない、見たこともない人が名義人になっていると言うケースにもなりかねません。
時間の経過とともに共有者が増え、中には引っ越しや死亡などによって、行方の確認が困難になることも考えられます。
不動産全体を売却するためには、全員の同意を得なければならず、場合によっては売却を実行に移せなくなる可能性も大いに考えられるのです。
このようなことから、一戸建てを共有不動産にする事はかなり困難であることがわかります。早い段階でまとめ役を決めた上で、納得のいく条件で売却できるのが1番です。

まとめ

このように一戸建てを共有不動産にすることには、共有者がどんどん増え続けてしまい売却するのが難しくなること、また課税や修繕費用が発生し続けることなどが問題になることがわかります。
相続等で共有不動産が発生した場合には、早い段階で誰か1人をまとめ役にして、売却や名義変更などを行う必要があります。
手続きが難しい場合には、共有持ち分の放棄と言う方法もあるため、これも有効な選択肢の1つであることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。