おすすめ記事
入札方式で共有持分を売却すれば相場よりも高値になることもある

入札方式で共有持分を売却すれば相場よりも高値になることもある

入札方式のメリットとは?

共有不動産を売却する方法の中には「入札方式」というものがあります。
これは不動産を売却する時の選択肢であり、相場よりも高く売れる可能性がある方法です。
入札方式という言葉は聞きなれないかもしれませんが、オークションと言い換えればもう少し分かりやすくなります。
共有不動産を売却する場合は最高金額を提示した人に売却します。
オークション形式を採用しているので、どんなに高い金額を提示しても最高金額にならなければ買い取る権利は手に入りません。
用途未定の広い土地は入札向きなので、比較的高額になる傾向がありますし、人気のエリアも需要が多いので高い評価を獲得する可能性が高いです。
当然ながら用途が限定されている不動産は再利用が難しいと判断されて入札も減ります。
希望者がゼロだと入札は流れてしまいますし、希望額に達しないリスクも考えなければいけません。
落札者とのトラブルもゼロではないので、それなりの準備は必要です。

入札方式で共有持分が相場よりも高値になる条件とは?

入札方式で共有持分が相場よりも高値になる条件はいくつかあります。
まずは好立地の不動産であることです。
好立地の不動産は価値が下がりにくく、共有持分も良い影響を受けることができます。
特に駅から近い物件は利便性が高く、再開発などで地価があがる可能性もあるので大きな強みになります。
築年数が浅い物件もリフォームする必要がないので再利用しやすいですし、共有持分でも十分高く売れる可能性があります。
人気のエリアは新築でも中古でも売却しやすく、相場は常に位置をキープできます。
共有持分だけを売却する場合でも人気のエリアは強いです。
入札希望者が多くなれば競り合っている間に金額が高騰しますし、入札価格がインターネット上で公開される場合は簡単にアクセスできるので最終的な売却価格が相場を大きく上回る可能性が高くなります。
共有持分の所有者は一番高い金額を提示した人と売買契約を結ぶことができます。
これが入札方式のメリットでもあります。

まとめ

共有不動産を売却する方法の中には「入札方式」というものがあり、上手くいけば一般的な売却方法よりも高く売れます。
入札方式はオークション形式を採用しているので、どんなに高い金額を提示しても最高金額にならなければ落札することはできません。
駅から近い物件は利便性が高く、再開発などで地価があがる可能性もあるので高値がつく可能性が高いです。
人気のエリアは新築でも中古でも需要が多いので売却しやすいです。
共有持分でもオークション形式の特長を生かせれば高く売れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。