おすすめ記事
共有持分を売却する価格について知りたいなら不動産鑑定士に依頼

共有持分を売却する価格について知りたいなら不動産鑑定士に依頼

共有持分を売却する場面とは何か

共有持分の状態の不動産も少なくありませんが、共有持分の状態は相続等から発生しているケースが多くなります。
ちなみにこの共有持分と言うのは、複数の人間が1つの不動産を所有している状態です。
例えば2人の人が所有している場合には、ちょうど不動産の価値を真っ二つに分け、それぞれが相続する形になります。
結果的に、その土地の所有者になることを意味しているわけです。

共有持分の状態だと何かと不便なことがあります。
この不便さを解消するために、売却をするのでしょう。
売却をする場合にはいくつか条件があり、まずその不動産に住宅ローンが残っており抵当権がついている場合にはこれを売却することができません。
それ故、少なくとも抵当権を完全になくすか売却駅と住宅ローンの残りの金額を相殺できる位になったとき初めて売却することができると考える良いです。

また、全体を売却する場合には共有者すべての同意が必要になりますので、共有持分の場合はその点も考慮しておく必要があります。

実際にどれぐらいの価格になるのか

共有持分に関しては、売却をする場合どれぐらいの金額になるか気になるでしょう。
これに関しては、通常不動産会社に話を聞けば共有持ち分の査定をしてくれます。
不動産会社に依頼する場合であれば、不動産鑑定士等は必要ありません。

ただ多くの人がここである疑問を感じるはずです。
不動産鑑定士と不動産会社の対応は一体何が違うかと言う事かもしれません。
結論から言えば、法律問題が生じている場合には不動産会社が査定をしても正しい金額を出すことができません。
もちろん不動産そのものの価値を出すことができるかもしれませんが、法律問題はまず解決することがないわけです。
なぜなら、不動産会社のスタッフが法律の専門家では無いからです。

一方で、不動産鑑定士は法律問題が生じている土地の鑑定をしてくれます。
査定とは少し異なりますが、鑑定をすると言う意味においては重要な役割を果たしているでしょう。
この法律問題とは、例えば境界線がよくわかっていないといった問題です。

まとめ

不動産を所有している人の中でも、共有持ち分になっている人も少なくありません。
そういう持ち分とは、1つの不動産を複数の人で持っている状態で、それぞれ持ち分が決められています。
この場合にはデメリットもありますので、売却する方法も考えられるわけです。
もし売却する場合には、不動産会社に査定をしてもらうのが基本となります。
ただ、権利関係で争いがあり法律的な問題が生じている場合には、不動産鑑定士に任せるのが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。